お肌の知恵袋

その肌、トラブルの原因は胃腸かも?胃の役割と症状からみる肌への影響

更新日:

食事をする女性

お肌は内臓の鏡といわれますが、確かに胃の調子がが悪いときに、口の周りやアあごにニキビや吹き出物が出ることがあります。

また、お酒をたくさん飲んだ翌朝に顔がむくんだり、疲れが溜まっているときも血行が悪くなり肌がくすんでしまうこともあります。

むくみや血行ならば、時間が経てば自然にもとに戻ります。

ですが、胃腸の不調が現れた肌の場合は、ニキビや吹き出物が繰り返されたり、肌が荒れるなど一朝一夕に治まるものではありません。

胃腸の不調がどうして肌に影響するのか原因と改善法を知ることで、トラブル知らずの肌を手に入れることができます。

なつめを食べる女性
老けない体を作る!なつめの栄養、効能、薬膳での働きも全てわかる

こんにちは、美容アドバイザーJUNです。 先日、友人のチカさんと、こんな会話がありました。 この間、韓国のお土産で、なつ ...

続きを見る

胃の役割と症状からみる肌への影響

傷ついた胃まず、食べ物を食べると、体の中では食道を通って胃に入ります。
胃には、食物を消化し殺菌する役割があります。
正常な状態であれは、胃で消化・殺菌された食物が小腸へ送られて栄養を吸収し、大半は肝臓に運ばれ心臓を経由して血流に乗って全身に運ばれていきます。

低胃酸の場合

ところが低胃酸になっている場合は、

  • 脂っぽいものが食べれない
  • 肉や魚ではなく、さっぱりとした食べ物しか食べられない

と感じる時は、胃酸の分泌量が減り消化不良を起こしていると考えられます。

また、加齢とともに胃酸の分泌量は低下するといわれています。

胃酸の分泌量が減ると、胃で消化されず未消化のまま小腸へ送られ、小腸では消化されないため栄養が吸収できなで大腸から体外へ排出されてしまいます。
また、冷たいものを飲食したときにも胃の消化酵素が働かず、未消化の状態になってしまいます

こうなると、食事から摂ったタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素が体内へ取り込まれないことで低栄養の原因となります。

また、胃の殺菌力が弱いため腸内で悪玉菌が増殖し腸内環境が乱れ、免疫力が低下して肌荒れの原因になってしまいます。

確かに、特に夏は軽いものしか食べられないことが多いわ。冷たいものを飲みすぎてるかしら。

胃酸過多の場合

  • お腹が空いている時に胃が痛い
  • 緊張すると胃がキリキリ痛くなる

などの症状の場合は、食事をしていないときに胃酸が出てしまっている状態です。

本来、食事のときに副交感神経が優位になって、胃酸は分泌されます

ところが、ストレスなどで交感神経が優位な興奮状態が続くと、胃が正常に働けない状態になって機能が低下しています。

すると、自律神経が乱れて食事のときとは関係なく胃酸がでてしまうのです。

自律神経の乱れも、肌トラブルの原因となります

消化器には、痛みを感じる神経がないので熱を持っていると感じたり、痛みがある場合には炎症や潰瘍の可能性があります。

早めに病院へ行き医師に相談しましょう。

また、ながら食べをしたりイライラしながら食べたりしても交感神経が優位になります。

腸内環境次第で肌は変わる

腸内環境

便秘も主な肌荒れの原因となります。

大腸の働きは、小腸から送られてきた食物から水分を吸収して分解し、消化されなかった食物のカスと腸内細菌、細胞のカケラを固形化して体外へ排泄します。

便秘の原因はいろいろですが、特に女性は男性にくらべ、便秘になりやすいといわれています。

その主な理由は

女性が便秘になりやすい理由

  • 腹筋が弱く、腹圧がかけられないため便を押し出す力が弱い
  • 胃下垂などが原因で、腸が圧迫されて腸の動きを抑制している
  • 体温が低く血行不良がおこりやすく、腸の働きが弱まる

さらに、以下のような習慣で、腸内の悪玉菌が繁殖し腸内環境が乱れて、便秘が慢性化する可能性があります。

  • 不規則な生活
  • 食物繊維の少ない食事
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 水分の不足

腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の腸内細菌がいます。

善玉菌悪玉菌日和見菌

腸内細菌の種類

  • 善玉菌…消化吸収を助ける、ビタミンやホルモンを作る
  • 悪玉菌…有害物質を発生させたり、腸壁を傷つけたりする
  • 日和見菌…どちらか数の多い方の味方になる

という特徴をもっています。

腸内が健全な状態のときには、善玉菌が悪玉菌よりも多く存在しています。

ところが便秘になると、悪玉菌の勢いが強くなり、日和見菌は悪玉菌に加勢して悪玉菌と同じ働きをするようになってしまうのです。

悪玉菌優勢の腸内環境では、便秘や下痢になりやすくなるだけでなく、免疫力が低下し細菌に感染しやすくなります

また、悪玉菌の出す有害物質は肝臓へ運ばれ、その後分解され無毒化されますが、分解する量が多すぎると肝臓に負担がかかり処理が追いつかず、有毒なまま血流に乗り全身に届けられます。

肝臓

そして、毛穴が開き、皮脂の過剰分泌などでニキビができやすくなるなどの症状が現れてくるのです。

つまり、悪玉菌が増えすぎると肝臓が処理できる量をこえるから、有害物質が体中に行き渡ってしまうのね。

美肌になるためには、腸で栄養が吸収できるように胃をキチンと働かせて、処理の終わったものは早く外へ出す必要があるということなのです

要するに、体に必要なものが取り込めて、老廃物を早く出せる胃腸になればいいのね。

内側からキレイになる方法

女性のお腹

もし、あなたの胃腸の調子がすぐれなかったり、治まらない肌荒れに悩んでいるなら、いままで当たり前にやっていたことやってなかったことを見直して、これから紹介する改善法を試してみてはいかがでしょうか?

唾液を活用する

まずは、よく噛んで食べましょう。

忙しいと、ついつい食べるのが早くなってしまうものですが、ここは自分の内臓たちのためにしっかり噛んでから飲み込みましょう。

たくさん噛むことにより、唾液が出ます。唾液は消化器を刺激し、胃酸の分泌量を増やすことができるのです。

また、しっかり噛んで小さくなった食物は、胃で消化する時間が早くなりますので、胃の調子が良くないときには意識してたくさん噛みましょう。

噛む回数については諸説ありますが、日本咀嚼学会の公開された資料によると咀嚼回数は30回を推奨されているようです。

食品によったら、それくらいの回数噛むと、口の中に固形物が残らなくなったり、味が分からなくなるものもありますが、そんなことより、たくさん噛んでいっぱい唾液を出す方が大切なようです。

これからは、いっぱい噛むわ!

食事の前は呼吸に注意を向けて胃酸を出す

リラックスする女性

呼吸法というと、ちょっと苦手意識のある人もいるかも知れませんが息をするときに少し気にするだけなので、簡単で効果的ですよ。

やり方は、息を吸う時より、吐くほうを長くすればいいのです。これで、副交感神経が優位になります。

いつもの自然な呼吸のままで、少し吐くほうを長めにすれば、だんだん呼吸がゆっくりになって落ち着いてきます。

なれてきたら、腹式呼吸でやると、より一層副交感神経が働きリラックスできます

食事の前に、呼吸に意識を向けるとリラックスして体の内側で食べる準備が整います。

腸内環境を整える

腸内環境を良くする食べ物

腸内環境を整えるには、ヨーグルトや乳製品を積極的に摂って善玉菌を増やすことが大切です。善玉菌が増えれば、日和見菌は善玉菌に加勢して、善玉菌優勢の腸内環境になることができるのです。

善玉菌の代表格といえば、乳酸菌ビフィズス菌が有名です。

乳酸菌やビフィズス菌入のヨーグルトはスーパーやコンビニなどで種類も豊富に売られています。どれを選んでいいか迷うくらいです。

なんとなく、新しい商品や味の好みで選んでいたんだけど

実は、乳酸菌とビフィズス菌は役割も腸内に占める割合もぜんぜん違っていました

乳酸菌とビフィズス菌の違い

種 類  特 徴 腸内細菌に占める割合
乳酸菌 乳酸をつくり、ビフィズス菌など

他の善玉菌の増殖を助ける

 1%
ビフィズス菌 乳酸と酢酸をつくり、

悪玉菌の増殖を抑えて消化吸収を助ける

 10%

このように菌の種類によって働きに違いがあることがわかりました。

女性の腸内環境

また最近は、生きたまま腸に届くという言葉をよく耳にします。

そうねよく聞くけど、菌は生きたまま腸に届かなければ意味が無いの?

これについても菌にはそれぞれ特徴があり、

例えば、生きたまま腸に届かなくても胃まで届けばピロリ菌と戦ってくれるヨーグルトもあります。

また、死んでしまった菌にも、

  • 整腸作用
  • 生き残った善玉菌のエサとなる
  • 有害物質を排出
  • 免疫細胞分泌の促進

などの働きがあるようです。

このように、必ずしも菌は生きて届くかなくても腸内環境への良い効果は期待できるようです。

また、最近スーパーなどでもよく見かける、善玉菌が生きたまま腸まで届くプロバイオティクス配合のヨーグルトやサプリメントなどは、安全性が確認されているので安心して食べられます。

いい腸内環境

プロバイオティクスとは…身体に良い影響を与える細菌、またそれを含む食品のことをいいます。

プロバイオティクスの条件

  • 食品や医療品として安全性が十分に保証されている
  • もともと腸内フローラの一員である
  • 食品や医療品として安全性が十分に保証されている
  • 胃液や胆汁に耐えて腸内に到達できる
  • 腸内に付着し、増殖できる
  • 食品の形態を保ち、有効な菌数が維持されている
  • 安価で容易に取り扱えること

ただし、プロバイオティクスを含んだ食品を食べても、全ての善玉菌が腸に定着するわけではないため、善玉菌の栄養源となるオリゴ糖食物繊維などを食べることで、善玉菌の働きを活発にして増殖を促す必要があります。

オリゴ糖で善玉菌をサポートする

市販されている、シロップ状のものもありますが、身近な食品から摂ることも出来ます。

オリゴ糖が含まれる食品

ニンニク、ごぼう、アスパラガス、玉ねぎ、バナナ、牛乳、味噌、醤油などの発酵食品 、トウモロコシ、キノコなど

食物繊維は種類を理解して食べよう

食物繊維の多い食べ物

食物繊維は、善玉菌を腸内に定着させる働きもあります

食物繊維には、水溶性と不溶性のものがあります。

水溶性食物繊維の特徴

  • 血糖値やコレステロールに対する作用がある
  • 有害物質の排出を促す働き

水溶性の食物繊維を含む食品

ごぼう、バナナ、オクラ、春菊、りんご、もずく、玉ねぎ、キウイ、カリフラワー、

やまいも、切り干し大根、らっきょう、いんげんまめ、じゃがいも

不溶性食物繊維の特徴

  • 水を含んでふくらむ
  • 腸内でかさを増して腸を刺激し排泄を促す
  • 有害物質を排出する働き

不溶性の食物繊維を含む食品

かぼちゃ、アボガド、とうもろこし、さつまいも、えのき茸、わかめ、大豆、パセリ、

グリーンピース、モロヘイヤ、枝豆、切り干し大根

根菜類など硬い野菜は、柔らかくなるまで煮ると胃腸に負担がかかりません

βカロテンを含む野菜を摂る

βカロテンを含む食物

植物性食品には、βカロテンの形で含まれ、これは体内でビタミンAに変換されます。

βカロテンが不足すると、肌荒れや肌の乾燥の原因に、また抗酸化作用があるため不足すると活性酸素の排出がうまくできなくなってしまいます

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、炒め物にしたり、生で食べるときには、油を含んだドレッシングを使うなどすると、吸収力が上がります。
  • 皮膚や粘膜を強くする働き
  • 新陳代謝を促進させる
  • 抗酸化作用があり、シミを排出させる
  • 疲れ目や視力回復にも有効

βカロテンは色の濃い野菜に多く含まれています。

βカロテンを含む野菜

モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ、春菊、ほうれん草、豆苗、大根の葉、ニラ、小松菜、菜の花、チンゲン菜、ブロッコリー

動物性食品には、ビタミンA(レチノール)の形で含まれます。ビタミンA(レチノール)をサプリメントなどから摂りすぎると、頭痛、吐き気、発疹などの症状が出ることがあります。

避けたほうが良いもの

糖分を気にする女性

胃腸が疲れている時は、揚げ物や刺激の強いものは避けるようにしましょう

ジャンクフードや市販の揚げ物などの脂は酸化が進んでいるので、胃には刺激になります。

また、辛いものが得意な人もいますが、塩分の多いものは胃を荒らす原因になりますので避けたほうが良いでしょう。

もちろん、暴飲暴食はNGよね

アルコールもできれば、できれば避けたほうが良いですが、飲まないことでストレスが溜まるようなら適量で抑えておきましょう。

また、冷やしたビールはおいしいですが、冷たい飲み物は胃の消化酵素の働きを阻害するためおつまみなどは、消化の良いものにしておきましょう

調理をする女性
肌の老化の原因は糖化?進行を抑制するのに効果的な6つの方法

私たちの体は年齢とともに変化していきます。 その加齢による変化が、目に見えて現れやすいのが肌です。 同じ年齢でも若々しい ...

続きを見る

体の外から胃腸にアプローチ

消化の良い女性

ツボは感覚神経が鋭い体の点と言われています。体の異常に反応するツボは、押すとしこりや痛みがあります。

自分の手で息を吐きながらゆっくり押してみてください。

しこりがあるようなら、もみほぐせば部分的に軽くなる感覚が味わえます。

また、お腹が張っていたり腸が動いてないなと感じる時に効果的な、ヨガのポーズのやり方をご紹介しています。

消化吸収とデトックス効果のあるツボを刺激

足の三里(あしのさんり)…消化・吸収の働きを助けるツボです

足の三里のツボの見つけ方

ヒザの皿(膝蓋骨)の下にある2つのくぼみの内、外側のくぼみから足先に向かって親指の幅3本分のところがツボです。

足のツボ

偏歴(へんれき)…体に溜まったものを取り払うツボです

偏歴のツボの探し方

手の甲側の、甲と前腕の境目にある手首の横ジワを親指側になぞっていくと、くぼみがあります。

そのくぼみの中心からヒジに向かって親指の幅3本分のところがツボです。

手のツボ

胃腸に刺激をあたえるヨガのポーズ

ワニのポーズ

背骨をねじり、腸を適度に刺激するポーズです。

ワニのポーズ

  1. あお向けの姿勢から、両足をそろえて伸ばします
  2. 両手は真横に開いて、手の平は天井に向けます
  3. 息を吸いながら、右ひざを立てて左足のひざの上にのせ
  4. 息を吐きながら右ひざを左へ倒していく
  5. 顔は倒した足とは反対の右へ向けて、そこで3呼吸します
  6. 息を吸いながら体をもどし
  7. 反対側も同様に行います

ひざを倒した時に、肩が浮かないように注意して、腰をひねりましょう

弓のポーズ

胃腸を刺激するポーズです。

弓のポーズ

 

  1. うつ伏せの状態で、両膝を曲げます
  2. 両手で足の甲か、持てるなら足首を持ちます
  3. 息を吸いながら、足の甲を後ろに蹴るように両膝を持ち上げます
  4. いけるようなら、上半身を持ち上げ呼吸を繰り返します
  5. 息を吐きながら、手足をほどいて脱力します

上半身を持ち上げるのが難しいようなら、床に付いたままで腹式呼吸をしても適度な刺激になります。

ストレスと向き合うための体の動かし方

ストレスを解消する女性

ストレスを感じると、体内に活性酸素が発生し、細胞を傷つけてしまいます。

これにより肌の老化を進めてしまったり、ニキビができたり肌トラブルの原因になります。

また、ホルモンバランスが乱れて、自律神経が乱れ、免疫力が弱くなります。

ストレスはなくなるものではありませんが、しっかり体を動かすと、自律神経が安定します
また、適度な運動は、良質な睡眠を得られやすくなります

いままであまり運動をする機会がなかった人なら、出来れば日中、うっすら汗をかく程度の運動を続けることが大切です。
慣れてきたら、少しずつ付加をかけて筋肉をつけて基礎代謝を上げていきましょう。

日中運動ができない人は、夕食後20~30分くらいのウォーキングをはじめてみましょう。

最初からがんばり過ぎると、続かなくなるうえ、逆にストレスになる場合があります。

毎日でなくても、体を動かす習慣をつけることが大切です

腹式呼吸で副交感神経を味方につけよう

腹式呼吸をする女性

最初は少し苦しいかも知れませんが、無理をせず1回につき5呼吸から始めてみましょう。慣れてくればいつでもできるリラックス法として使えますよ。

  1. 背筋を伸ばします(座っていても、立っていてもOK)
  2. まず、今ある空気を鼻から全部吐き出します
  3. 吐ききったら、鼻からゆっくり息を吸います
  4. お腹に空気を入れるイメージで段々とお腹を膨らましていきます
  5. 吸いきったら、鼻からゆっくり息を吐き出します
  6. 息を吸った時にお腹が十分膨らんでいたら、自然に吐く時にお腹がしぼんでいきます
  7. このとき、息は最後まで吐ききる意識でお腹を凹ますくらいまで吐き出します
  8. 全部吐き出せたら、次に吸う息は自然にたくさん吸えて段々呼吸が深くなります

ちょっとイライラしてきたなとか、交感神経が優位になりすぎているなと感じた時に腹式呼吸をすると、副交感神経優位になって自律神経が安定してきます。

また、腹式呼吸をすることで、自分の呼吸で内臓を刺激することができます

体の中からポカポカとあたたまるので、毎日の習慣にすることをオススメします

肌の再生のための睡眠

良質な睡眠

もっともストレスを感じやすいのが睡眠不足です。

睡眠不足はお肌の大敵です。

こんな人は睡眠不足になっているかも?

  • 睡眠時間は平均5時間程度
  • 寝起きする時間が、日によって違う
  • 休みの日に、寝だめをする
  • 寝る直前まで、TVやパソコンを見ている

起きている間は、血液は脳に集中するので肌に栄養は行き渡りませんが寝ている間に、身体全体が修復され再生しています。

身体の修復に必要な睡眠時間は約6時間といわれています。

夜遅くに帰宅しても、美容のために睡眠時間を削ってまでお風呂に長時間はいる人もいますが、その時間を睡眠にあてたほうが肌のためには良いのです。

睡眠不足の女性

睡眠時間が短いと身体全体の修復が終わらないまま起きるので、疲労が蓄積されてしまい肌荒れの原因になってしまいます。

眠り初めの約3時間の間に、成長ホルモンは最も盛んに分泌されます

この成長ホルモンによって、肌の真皮層の細胞分裂が行われその細胞分裂によってターンオーバーが行われます。

毎日一定の時間に寝起きすることで、体内時計が整い成長ホルモンの分泌がスムーズに行われるようになります。

眠り初めの約3時間を熟睡することと、毎日6時間の睡眠時間を確保することが大切ですね
十分な睡眠をとる女性
アンチエイジングのための睡眠と肌への影響、睡眠不足の怖さとは?

現代の社会人はおおむね睡眠時間が短いといわれています。 なかでも、40代は世代別に見ても、家庭や仕事で忙しい年代で、睡眠 ...

スキンケア

スキンケアあとの美肌

肌荒れがひどければスキンケアを見直す時期かもしれません。

肌の乾燥、繰り返すニキビには保湿は大切ですが、肌を触ることにより刺激になってしまうこともあります

乾燥がひどければ、保湿効果の高いヒアルロン酸配合の浸透力の高い美容液や、オールインワンジェルをやさしくなでるようにつけて、ハンドプレスでなじませて保湿をします。

美容液やオールインワンジェルでの保湿が物足りないようなら、保湿用のクリームで水分の蒸発を防ぎましょう

また、ニキビも過度に触ると炎症がひどくなってしまうので、同じく単品で済ませるスキンケアがオススメです

ただし、ニキビの原因はさまざまなので、治りきらないうちにまたニキビが出てしまうようなら、躊躇せず皮膚科へ相談してみましょう。

体は正直です。自分では意識していない、体の中の不調を肌に出して教えてくれているのです。その体の声に耳をかたむけて、いつもの生活習慣にひと工夫くわえてみるだけで、体は答えてくれるかも知れませんよ。

買い物をした女性
オールインワンジェルの種類別の特徴や違いを知って賢く選ぼう。

今やオールインワンジェルは、ドラッグストアやコンビニ、スーパーなどでも購入できるくらいに、一般的なスキンケアアイテムとし ...

エイジングケアおすすめランキング

オールインワンジェルランキング

オールインワンジェルランキング

エイジングケアおすすめトライアルセット

美白ケア(本製品1)

ほうれい線

-お肌の知恵袋
-,

Copyright© 40代からのエイジングケア情報メディア-アンチエイジング43 , 2018 All Rights Reserved.